FXのロスカットと証拠金維持率

FXで取引をする際には証拠金を預け、その証拠金を担保にして取引を開始する事が出来ます。

FXでは必ず利益が得られるという訳では無くて時には損失が発生する事もありますが、損失が発生する状態で放っておいたら証拠金が足りなくなってしまう事態になってしまうケースもあります。


そのような証拠金以上の損失が発生した場合は、トレーダーにとっても大きな問題となってしまいます。



そうした事が無いようにする仕組みがロスカットであり、証拠金維持率が一定以下となった場合は強制的に決済をする事で損失が拡大してしまうのを防ぐ仕組みとなっています。

取引に用いる証拠金の事を取引証拠金と言いますが、取引をしてポジションを維持している間は決済をしているわけでは無いので取引証拠金の額は変わらないです。ただ、その間にも為替は変動していて決済を行った場合の証拠金は変動していて、その証拠金の事を有効証拠金と言います。

例えば、証拠金として10万円預けて取引を開始した場合は取引証拠金は10万円で有効証拠金は直後は同じです。
その後、決済を行わずにポジションを維持しているが為替相場が変動して決済したとすると2万円の損失が出るとする場合は、有効証拠金が8万円という事になります。この場合の証拠金維持率というのは80パーセントという事になります。

人気のAll About情報のことならお任せください。

これが一定以下になるとFX業者によってはマージンコールという仕組みで警告を出し、さらに損失が拡大して証拠金維持率が一定以下になるとロスカットとなって強制決済が行われます。

FXの情報を幅広く扱っているサイトです。

こうした仕組みがあるからこそトレーダーは安心して取引をする事が出来るのです。